レーシックとは?

レーシック=視力回復手術というのはご存知だと思いますが、そもそもレーシックとは具体的にどんな方法で視力を回復させる手術なのでしょうか?

----------

レーシックは、高精度の医療用エキシマレーザーを角膜に照射し、屈折を矯正することで視力を回復させるという画期的な眼科手術です。これにより角膜や水晶体の屈折異常によって起こる近視や乱視・遠視を治療することができます。
レーシックが優れている最大の特長は、角膜に“フラップ”と呼ばれるフタ状の部分を作成することにより、角膜の表層部を温存できる点にあります。これにより、以前の屈折矯正手術と比べ、安全性と手術後の回復力が飛躍的に高まりました。

----------

私が5年ほど前にレーシック手術を受けた神奈川クリニックから抜粋させていただきました。

やることは単純です。

1.点眼麻酔
2.角膜を切ってフラップというフタを作る
3.フタを開ける
4.レーザーを当てる
5.フタを戻す

↑こんな感じです。

レーシック手術にかかる時間は、両目で大体10分前後だったと思います。(手術椅子の高さ調整の時間とかも含めて)

痛くはありませんでしたが、かなり怖いです。
だって、(角膜を)切られた! 捲られた! 何か光が…!
…っていうのが全部感じられるんですよ。

麻酔はしているから痛くないし、点眼麻酔の効き目は前日までのカウンセリングと検査で分かっていたはずなのですが、いざレーシック本番になると本当に怖かったです。
本当に痛みは無いし、手術は大成功だったんですが…

手術内容を改めて見てみると、かなり危険ですごい手術ですよね。
角膜を切られて視界がぼんやりとした時に、改めてそう思いました。

今は私がレーシックを受けた5年前よりもかなり安価で手術を受けられるようになっていますが、前述の通り危険な手術ですから、病院選びは慎重にならないといけませんよね。



posted by RK at 14:23 | Comment(0) | レーシック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。